04.医師だけでスタートした試み ~訪問看護を持たない理由~

在宅医療は、患者さんを中心として、医師や訪問看護師、ケアマネジャー、ヘルパーら、医療と介護のスタッフが密接に連携して チームとして取り組むことがとても大切だと思います。

現在、在宅療養支援診療所としてサービスを提供するクリニックの多くが、訪問看護師を内部スタッフとして持ち、診療していく形態をとっています。 1人の医師と数人の看護師というケースも多く、特に外来を併設している場合には、ごく自然な形だと思います。
 私たちは、最初から在宅専門クリニックとして、複数の医師だけで始めることを選択しました。理由はいくつかあり、主なものは以下のとおりです。

1)地理的な条件:
 三つ葉在宅クリニックのある名古屋市は、訪問看護ステーションが質・量ともに充実しており、たいへん恵まれた環境です。 在宅療養の患者さん(特に介護サービスが必要な方たち)を支えるのは、なんと言っても地域の介護スタッフの皆さんです。 医師よりももっと患者さんに近い介護スタッフは、より地域に密着して、きめ細かいサービスを提供しています。各地区の訪問看護ステーションと連携することで、 より良いケアを提供できると考えました。

2)患者さんとの関係:
 診療所に看護師が所属してしまうと、どうしても医師のアシスタント的な業務が発生してしまいます。 患者さんも医療者とのコミュニケーションを図る上で、まず先に看護師と話す傾向が出てきます。私たちは、“患者さん中心”を掲げており、 患者さんと1対1でもっと直接的に向き合いたいと考えました。そうすることで、より患者さんの視点で考えることができるのではないかと思いました。

3)地域との関係:
 地域医療においては、“患者さん中心”という価値観のもとに、各職種それぞれが1対1で患者さんと向き合うことが望まれます。 その中で、医師と訪問看護師も対等なパートナーシップのもとに、専門職として向き合い、それぞれの機能を最大限に発揮することにつながると思います。

こうした理由から、医師だけでのスタートとなったわけですが、その分、同じ職能と価値観を共有するプロフェッショナルの組織として、 組織のあり方やコミュニケーションの形を模索し、磨きをかけていくための準備ができました。

私たちは、労務負荷の高い在宅医療の世界において、プロフェッショナルが楽しく働けるようなモデルを目指していますが、同時に、 将来は地域の訪問看護師さんたちにも参考にしていただけるものをつくり上げることができたら、と考えています。 そのためにまず、医師によるグループプラクティスをもっと進化・発展させていきたいと考えています。(2008年/舩木良真)