個人情報保護方針

基本方針

三つ葉在宅クリニックは、患者様が安心して在宅サービスを受けることができるように、個人情報保護の各種法令やガイドラインを遵守するとともに、以下の個人情報保護方針を定めます。

  1. 当院は患者様へ最高の在宅サービスを行うという目的達成のために必要な範囲においてのみ、個人情報を取得・利用・提供します。個人情報の取得にあたっては、あらかじめ利用目的を特定した上で患者様に明示し、特定した利用目的の達成に必要な範囲を超えた“目的外利用”は行いません。当院は適切な個人情報の取得、利用、提供に関する内部規定を定め、これを遵守します。
  2. 個人情報への不正アクセスや、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩の予防措置を講じ、安全対策を実施いたします。
  3. 当院で策定する個人情報に関する内部規定を随時見直し、継続的に改善を図ります。
  4. 患者様が適切な医療や介護を受けられるために、診療に関する情報を、病院や薬局、介護サービス事業所に提供する場合があります。また、社会的な発展のために、学会や研究等で情報を利用する場合があります。
  5. 当院では、医療サービスを提供するにあたり、保険事務、検体検査業務、情報システム管理(診療情報の電子保存)の一部を業務委託することがございます。/li>
  6. 業務委託をする際には、当院の定める基準を満たした安全な委託先を選定し、個人情報保護に関する機密保持契約を締結した上で業務委託いたします。また、当院の委託した患者様の個人情報保護や管理が適切に行われているかを管理・監督します。
  7. 全職員及び教育のために受け入れた実習生に対し、適切に個人情報が取扱われるように指導、監視いたします。
  8. 積極的に情報開示を行い、苦情及び相談への対応を実施します。

情報開示

私たちは、個人情報保護ガイドラインの元で、積極的に情報を開示します。情報を開示することでより良い医療を提供することができると信じております。

在宅医療は多くのケア提供者が訪問して行うチーム医療であり、お互いの情報を共有することで初めて患者様に適した医療を行うことができます。

具体的には、毎回訪問時に「三つ葉診療レポート」を説明とともにお渡しします。これは、患者様への診療内容開示であるとともに、他のケア提供者との情報共有ツールとなります。さらに、診療経過をケア関係者に定期的に報告し、情報共有を行っていきます。

なお、このような情報開示、共有はより良い医療を提供することを目的としておりますが、望まれない場合はお知らせください。速やかに対応いたします。

利用目的

患者さんへの医療の提供に必要な利用目的

医療機関等の内部での利用に係る事例
  • 当該医療機関等が患者等に提供する医療サービス
  • 医療保険事務
  • 患者に係る医療機関等の管理運営業務のうち、
    • 入退院等の病棟管理
    • 会計・経理
    • 医療事故等の報告
    • 当該患者の医療サービスの向上
他の事業者等への情報提供を伴う事例
  • 当該医療機関等が患者等に提供する医療サービスのうち、
    • 他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
    • 他の医療機関等からの照会への回答
    • 患者の診療等に当たり、外部の医師等の意見・助言を求める場合
    • 検体検査業務の委託その他の業務委託
    • 家族等への病状説明
  • 医療保険事務のうち、
    • 保険事務の委託
    • 審査支払機関へのレセプトの提出
    • 審査支払機関又は保険者からの照会への回答
  • 事業者等からの委託を受けて健康診断等を行った場合における、事業者等へのその結果の通知
  • 医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等

上記以外の利用目的

医療機関等の内部での利用に係る事例
  • 医療機関等の管理運営業務のうち、
    • 医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
    • 医療機関等の内部において行われる学生の実習への協力
    • 医療機関等の内部において行われる症例研究
他の事業者等への情報提供を伴う事例
  • 医療機関等の管理運営業務のうち、
    • 外部監査機関への情報提供

医療法人三つ葉 代表 舩木良真