三つ葉ではたらく理由

Director's Message
病院では味わえない、
もう一つの医療の楽しさ

三つ葉在宅クリニック 院長 中村俊介

患者さんからの感謝のフィードバックが大きいから、やりがいを感じずにはいられない。

患者さんからの感謝
フィードバックが大きいから
やりがいを感じずにはいられない。

――在宅医療のやりがいとは、どんなところにあると思いますか?

在宅医療は「生活を支える医療」と言われます。
 患者さんが3人いれば、たとえ同じ病気でも、その人が大切にしていることや、家ごとの生活のスタイル、介護の仕方、経済状況、価値観はそれぞれに違います。例えば脳梗塞の80歳男性なら処方する薬は同じかもしれませんが、介護サービスの利用の仕方やリハビリに関する希望は一人ひとり異なります。そうした患者さんの希望に合わせて対応していくのが在宅医療です。患者さんが「在宅」を選択する大きな意味がここにあるのです。
 「大変だなあ」と思われるかもしれませんが、患者さんの家に行けば患者さんの好みや生活スタイルがよく見えてきます。そして医師がその患者さんの希望をくみ取ることができたとき、「ありがとう」という言葉が返ってきます。この感謝のフィードバックが外来に比べて非常に大きいのが在宅医療の特徴で、本当に嬉しいものです。

幅広い知識と経験を磨くことができる在宅医療の魅力。

幅広い知識と経験を磨ける
在宅医療の魅力。

――どんなスキルが求められ、また身に付く医療でしょうか。

患者さんの疾患構成でいうと、高齢者が圧倒的に多く、寝たきり、認知症、脳梗塞後遺症などの慢性期疾患を中心に、医学部で習ったような病気がほとんど出てきます。他には20代から90代まで幅広い年齢層のがんターミナル、あるいは脳性麻痺などの先天的な病気や交通事故による頸椎損傷など障がい者の方に在宅医療のニーズがあり、プライマリケアから看取りまで幅広く対応しています。
 非常に幅広い知識と経験を求められますが、その分医師として大きく成長できます。こうした幅広い疾患を診るスキルを磨いていけるとともに、いろいろな人生と触れ合う機会が多いことも大きな魅力の一つです。高齢の患者さんたちは人生における大先輩でもあり、その話は非常に奥深く貴重です。医師としての役目を果たしつつも、彼らから多くを学び、例えば40年後、50年後、私たちが高齢になったときに、どんな医療を受けたいか、豊かな老後とは何かと考えています。

人と話すことが好きな人なら大丈夫。研修は先生ごとのペースで。

人と話すことが好きな人なら大丈夫。
研修は先生ごとのペースで。

――入職後のイメージを教えてください。

三つ葉に参加されたら、まず最初の1~2カ月は常勤医師の診療に同行していただきます。この間の目標はとにかく、“病院医療と在宅医療の違い”に慣れていただくこと。これまでの経験や知識が十分あっても、在宅の現場というのは戸惑うことがあると思います。
 もちろん、これまでの経験や勤務の頻度により、個々に慣れるペースは異なりますので、様子を見ながら、ご自身が納得された時点で、少しずつ患者さんをお任せしていきます。担当患者を持ってからも、チームでしっかりフォローしていきますので心配はいりません。
 今、三つ葉にいる医師は20人以上。もともと総合診療志向だった人もいれば、内科系・外科系問わずさまざまな専門の道を歩んでいた人がおり、その経験は多様です。しかしここに参加して、患者さんを全人的に診療することや、QOLを高めるためにご本人やご家族、仲間の医師やケアチームとともに知恵を絞っていく面白さを実感しています。
 在宅医療はコミュニケーションがカギ。人と話すことが好きな人なら、きっと一緒に楽しくやっていけると思います。