主治医制とチーム制

主治医制・・・1対1の信頼関係を築く

主治医制イメージ

まず核になるのは主治医制で、各医師は決まった担当患者さんについて、月2回~の定期訪問診療を行います。 「かかりつけ医」として疾患だけでなく介護の状態や、療養環境のことなども含めて、じっくり診療し、信頼関係を築いていきます。


エリア・チーム制・・・主治医不在でも診療の質は変わらない

チーム制イメージ

診療圏を3つに分け、エリア(2~3区)ごとに4~5人の医師チームを組んでいます。 すべての患者さんには、主治医不在時に備え、必ず同じチームから副主治医がつき、この主治医・副主治医間を中心に、チーム内において常に綿密な情報共有を行っています。 副主治医は主治医同様、患者さんの意向に沿った診療ができるため、各医師は安心してチームメイトに担当患者さんを託し、休暇を取ることも可能です。


当直当番制・・・持続する24時間365日体制

当直当番制イメージ

診療圏を3つに分け、エリア(2~3区)ごとに4~5人の医師チームを組んでいます。 すべての患者さんには、主治医不在時に備え、必ず同じチームから副主治医がつき、この主治医・副主治医間を中心に、チーム内において常に綿密な情報共有を行っています。 副主治医は主治医同様、患者さんの意向に沿った診療ができるため、各医師は安心してチームメイトに担当患者さんを託し、休暇を取ることも可能です。


一週間のイメージ

一週間のイメージは下記のようになります。 患者さんに対しては、24時間365日対応しつつ、医師個人の負担を軽減しています。

グループ診療イメージ